2012年2月22日水曜日

『ウィッグ提供』〜明日への一歩を踏み出す為に〜

福岡在住の女子高生Rさん。
2月21日(火曜日)わざわざ新幹線に乗って来てもらいました。
4月からの復学に向けて、ちょうど良いタイミングで提供することができました。
JHDACのスタッフたちやTHE SALONのトップスタイリスト野久保さんと、わいわい言いながら髪型を相談中。事前にスタイル写真をもらっていたので、それに合せて製作されたウィッグを本人の細かい希望を反映しながら、よりRさんにフィットする様、スタイルカットしていきます。
カット、カット、カット。

セット、セット、セット。


正真正銘「世界に1つだけのウィッグ」が完成。
100%ドナーの髪を原毛として、日本の職人さんが手植したメイド・イン・ジャパンの医療用ウィッグです。皆さんの真心が形になり、誰かの為に役立った瞬間です。ありがとうございました。取急ぎ、ご報告させて頂きます。本当に喜んでくれていたのが私たちにも伝わってきて、付き添われていた身内の方も感動されておりました。

以下Rさんからのメール
********************
ありがとうございました
本当の自分の髪みたいで感動しました
すごくうれしかったですヽ(;▽;)ノ

もうすぐ新幹線にのって博多に帰ります
宿題のメールまた送ります\(^o^)/

本当にありがとうございました。」
********************
「宿題のメール」とは、JHDACから提供者に対して、毎回お願いしている感想文のことです。今回の一連の体験を通じて感じたことを文章にして頂く様にお願いしています(小さなお子さんの場合は、母親が代筆することもありますが…)。

こちらに掲載予定ですので、お楽しみに!