2011年4月25日月曜日

ウィッグドネーション

大阪市阿倍野区 K.Nさん
ウィッグ1点とヘアピース2点を寄付して頂きました(ほぼ未使用の新古品です)。

あわせて、寄付金も頂戴しました。
毛髪処理費用・医療用ウィッグ制作費用として、大切に使わせて頂きます。
ありがとうございました。


*メッセージを頂戴しました。
「前略
もう何年も前になりますが、私自身が抗ガン治療を受け、その影響で私の頭は約8ヶ月間、尼さんかツクシかといった状態になりました。とてもショックでしたが治療の付随的なことと諦めました。生きるためです。鏡を見なければ忘れていられますし、発熱も続いていたので頭がのぼせずに済んだような事もありました。けれど、面変わりした私に知人は気がつかず、病棟廊下で私に出くわす人の顔は明らかに曇り、目を伏せていくことにとても気分が沈みました。
そんな私に母が準備してくれたウィッグでした。
今の私には、もはや必要なくなりました。
どなたかが生きることに前向きになれますように、お役に立てたらうれしいと思っています。

ほとんど使用せずに済んだものをお送りします(髪のない状態で合わせたウィッグは、髪が生えてくるとサイズが合わなくなります…当然ですが…)。
今回はウィッグドネーションですが、いつかヘアドネーションができるようになりたいです。」