2011年2月25日金曜日

ヘアドネーション規定の一部を改訂

これまで「三つ編み」にして郵送して頂いておりましたが、今後は「三つ編み」にして頂く必要はありません。
まず根本をしっかりと縛って頂き、もう1カ所ちょうど真ん中くらいを留めて下さい。

(例)

*これまで、郵送の際に髪がバラバラになってしまわない様にとの配慮から「三つ編み」にして頂いておりましたが、ウィッグの材料にする為の工程で「三つ編みを解く」という手間によって、かえってコスト高になってしまうことが判明しました。
1人でも多くの患者さんに医療用ウィッグを提供する為に、コストは少しでも下げなければなりません。これまで、わざわざ「三つ編み」にして頂いたのに、本当に申し訳ありませんでした。今後は、この様な事情によりストレートのまま、根本と中間をしっかり縛ってご郵送下さい。ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。